クレジットカード現金化 疑われた

「クレジットカード現金化がカード会社に疑われた・・・」

「クレジットカード利用停止されたくない!」

カード会社に現金化がバレた場合本当に利用停止になることがあります。

クレジットカードの利用停止は避けたいですよね。そんな方の為にも、事前に防げる対策がありますので今回ご紹介します。

1:クレジットカード現金化が疑われたら見るべき対策フローチャート

既にクレジットカード会社から疑われている方の為に2つの対策があります。

  • カード会社の要件を確認
  • 状況に応じて臨機応変に返答

上記2つです。それでは詳しくご紹介しましょう。

1-1:カード会社の要件を確認

まず、カード会社は怪しいと疑ったとき、本人に連絡をします。

①クレジットカードが不正利用されていないか

②現金化目的でカードを使っているのではないか

上記2つの疑いで連絡をします。カード会社からの連絡には無視せず必ず対応をしましょう。対応をしなかったためにカード会社はますます疑いをかけることがあります。

それでは詳しくご紹介しましょう。

①クレジットカードが不正利用されていないか

1つ目は、クレジットカードが不正利用されていないかの確認連絡です。今までにない高額の商品をいきなり購入していると、悪用されているのではないか疑いが上がる為、クレジットカード会社から連絡が来ます。

②現金化目的でカードを使っているのではないか

2つ目は現金化目的でカードを使っているのではないかの確認連絡です。高額商品を複数、連日で購入していたりすると現金化目的で利用していると判断されることがあります。

1-2:状況に応じて臨機応変に返答

クレジットカード会社から連絡がきたけどなんて返答したらいいか分からない・・・

そんな方の為に現金化目的で利用していると判断されないような返答の仕方をご紹介します。

①不正利用の場合

不正利用が疑われた場合、「○○の商品を購入されましたか?」もしくは、「カードの紛失または盗難などされましたか?」と聞かれます。

この場合、「商品を購入した」「自分が使っているから問題ない」と答えるのがベストです。

「利用していない」「購入していない」などと答えるとカード会社は紛失・盗難の可能性があると判断します。紛失・盗難と判断されると一時利用停止とされますので注意しましょう。

②現金化目的の利用でないか

現金化目的を疑われた場合、購入した商品の詳細をきかれることがあります。「自分のご褒美として購入した」「プレゼント用に購入した」など特別なものとして購入したことを伝えましょう。その際に買った商品について知らないとカード会社は不審に思います。どんな商品を購入したか詳細を覚えておくことが重要です。

また、「現金化目的ではありませんか?」と聞かれても「現金化目的ではない」とはっきりと伝えることが重要です。現金化目的で利用しているかどうかは本人以外分かりません。使い方が怪しいと判断されたため確認されているだけですので、現金化目的で利用していないと伝えましょう。

2:現金化を疑われないようなクレジットカードの使い方3選

現金化を疑われないように利用すれば間違いなく疑いはかけられないでしょう。

  • 利用枠の70%までしか使わない
  • 超高額なショッピングは控える
  • 複数のクレカを使い分ける

上記3つの方法を実践すれば間違いなく疑われないでしょう。

詳しくご紹介しましょう。

2-1:利用枠の70%までしか使わない

1つ目はキャッシング利用枠の70%程でセーブする事です。キャッシング枠を全て使い切るとカード会社に疑われます。すでにキャッシング枠を使い切っている方は少しでも返済をして余裕を持たせましょう。

2-2:超高額なショッピングは控える

2つ目は超高額なショッピングは控える事です。

クレジットカード現金化で多くあるのが高額な商品を購入して現金化するパターンです。換金性の高い、高額商品を大量に購入していると現金化目的と判断され、クレジットカードが利用停止になる場合があります。

クレジットカード会社に疑われない為にも超高額なショッピングは控えましょう。

2-3:複数のクレジットカードを使い分ける

3つ目は複数のクレジットカードを使い分ける事です。

どの買取業者でも複数のクレジットカードで取引が可能です。手続きを2回行えばいいだけだからです。ですが、複数のクレジットカードで取引をすると手数料などで換金率が下がることがあります。また、返済の負担も増えてしまうので、複数のクレジットカードで現金化をする場合は、少しでも高い換金率で信頼できる業者を選ぶのが良いでしょう。

まとめ

今回はクレジットカード現金が疑われた時についてご紹介しました。

疑われた場合の対処法は、「自分の為に利用した」が一番です。

また、疑われないようにするためにもキャッシング枠を全て利用するのではなく少し余裕を持たせて利用しましょう。